転職理由と志望動機は明確に

2016年08月01日 17:20


「転職理由」と「志望動機」

面接で聞かれる事の一つとしてよく挙げられるのが「転職理由」や「志望動機」についてです。
初めての就職であれば効かれることの少ないものですが、医師の方であれば転職時にこの質問を聞かれないことの方が希なのではないでしょうか。
この質問にどう回答するかによって、あなたの転職に関する熱意であったり、自分の所では本当に誠実に働いてくれるのかという部分を判断されるでしょう。
これらの質問には、ごにょごにょとした雰囲気回答ではなく、明確に答えておく必要があります。
転職理由については、例え本当の理由が激務であったとしても、激務であると正直に回答はしないでください。
前の勤務先についてネガティブな発言を行うと悪い印象を持たれる場合が多いからです。
できるだけ前向きな回答が望ましいでしょう。自身の将来のキャリアパスと絡めてポジティブな回答をするのが無難です。

ポジティブな発言で印象アップ

また志望動機について回答する際には、総じて「やりがいを感じる」という方向にまとめていくのがいいでしょう。
要は、以前勤めていた場所よりも、この病院で勤めた方がよりスキルや経験を活かせる、やりがいがある、といった分かりやすくポジティブな意見を述べて下さい。
肯定的、ポジティブな発言を繰り返すことで、相手の印象をよりよくする効果もあるでしょう。


  • 1