出来る事や専門知識をしっかり伝える

2016年09月01日 17:38


重要視されるのは『これまでの経験』

続いて面接で聞かれる事ですが、医師転職の際には、自身の持っているスキルや強みについて聞かれることが多いとされます。
転職の際、医師という仕事において重要とされるのは、その医師がこれまでにどういった経験をしてきているのかという部分です。
これまでの臨床経験、症例数、経験した術式、取得している専門医資格など、そういった具体的なスキルを自分の強みとしてはっきりと相手に理解して頂く必要があるので、面接に行く前に、全てピックアップしておくのがいいでしょう。

過去のスキルや経験をまず纏めてしまい、それから今回の転職で求められるスキルをしっかりと押さえておいてください。
具体的にどのようなスキルを求められるのかが分からないという場合には、事前に調査しておいた方がいいでしょう。
医師転職を専門としているキャリアカウンセラーやコンサルタントに相談しておけば、このような場合の対応方法なども更に具体的に確認することができます。

自分の強みをはっきりと明確に

スキルや経験について話をするということは、あくまでも自分の強みを相手に知ってもらうということです。
自分がこの病院で勤めればこういったことができます、ということをはっきり明確に伝えていきましょう。


  • 1