面接時に確認しておくべきこと

2016年11月01日 18:05


転職に失敗しないために

医師転職に関する面接対策として、最後に知っておいて頂きたいのは、面接時に確認するべきことをしっかりと確認しておく必要があるということです。
これは医師転職に関してよくある失敗にも関わってくるのですが、面接の際にはっきりと確認をしておかなかった事が原因となり、転職が完了した後に「思っていた病院と違った」ということや、「やりたい事ができない」、あるいは「希望している条件とは違った」という声がよくあがっています。
これらは、いずれも面接の際にしっかりと話をして、すり合わせを行わなかったことが原因と言えるのではないでしょうか。
面接時に確認しておかなければいけない事項としては、病院の経営方針、当直回数、その他の条件や待遇、これらについては最低限しっかりとすり合わせをしておく必要があるでしょう。

気持ちよく働き始めるために

条件等を確認して一見良さそうに見えたとしても、面接の際にはもう一度はっきりと確認しておいてください。
面接の際に咄嗟に聞くことはできないでしょうから、これらの質問事項に対しては具体的にしておき、事前に確認することとしてリストアップしておくと忘れないでしょう。
特に条件や待遇、経営方針などは大切です。 自分の希望通りの場所に転職できるよう、最後まで気を抜かずにいきましょう。


  • 1