面接官が見ているコミュニケーション能力


2016年10月01日 17:51


コミュニケーション能力の必要性

面接の際、初対面の印象で動作や身なりといったものや、面接時における受け答えの内容という部分もしっかりと見られているものですが、同時に見られているのがあなたのコミュニケーション能力です。
医師として必要なものには、これまでの経験やスキルも当然ですが、あなた自身の人柄、そして最後にコミュニケーション能力とされます。
コミュニケーション能力が必要となる理由は簡単で、医師として働く上で「チームプレー」を円滑に行うことは欠かせないからです。
チームプレーが上手く機能しなければ、例え1人の医師のスキルが高かったとしても、その能力をうまく活用することもできないでしょう。

明るく普通に振る舞うことが大事

また、面接時での振る舞い、コミュニケーション方法はそのまま「患者への接し方」と捉えて見られる可能性もあります。
医師は仕事上どうしても様々な人とコミュニケーションを取ることが求められますので、人柄がとても重要視されます。
上司との関係が円滑に行われるだろうか、ということまで想定して面接をされていますので、明るい口調、明るい顔ではっきり明確に意見を述べる、引くところは引くなど、相手の姿勢に応じて柔軟な対応ができるかどうか、そういった部分も見られていると思って下さい。
ただ、こうやって文字にするとシビアに感じるかもしれませんが、要は明るく普通に振る舞うことが大事だということです。委縮せず、温和な雰囲気で対応できるように心がけてくださいね。