転職エージェントを活用し成功率アップ


2016年09月01日 17:38


自己分析を行い市場価値を把握、それを履歴書や職務経歴書に落とし込み、さらには企業研究にあたる医療施設研究も行いながら面接対策を行っていく。
医師の転職活動には、やるべきことがたくさんあります。
その全てを抜かりなく準備しておかなければ、転職に成功することは難しいでしょう。

しかし、医師として働きながら、自分一人の力のみで全ての準備や面接対策を行うのは現実的ではありません。
少ない睡眠時間をさらに削ることなど、特に医局などに勤めながら転職を検討している医師には非現実的な話でしょう。

転職エージェントを利用し転職成功率を上げる

転職を検討し始めたら、転職コンサルタントに相談してください。
転職エージェントなどを未だ利用したことがない人が思っている以上に、この転職コンサルタントの存在は大きいもの。

転職コンサルタントは、求人情報を紹介してくれるだけの存在だと思っている医師がまだまだたくさんいるようです。

それももちろん重要な仕事ではありますが、コンサルタントが重要視しているのは、転職を希望する医師の転職成功率を上げること。
求人を紹介するだけでは成功率は上がりません。

面接対策を一緒に行い、その他のサポートも徹底して行うことで成功率を上げる、これが転職コンサルタントの担う最大の役割なのです。

応募書類の作成をサポートやアドバイスを受けられる

例えば、履歴書や職務経歴書の書き方に関するアドバイスも受けることができます。
初めて転職を試みる人は、これらの書類の書き方が全くわからないという人も多いでしょう。
転職コンサルタントは、医師に紹介した求人を出している医療施設の情報も把握しています。
それを元に何をアピールすれば効果的なのかを考え、応募書類の作成をサポートしてくれるのです。

面接日時の調整をかわりに行ってくれる

例えば、面接日時の調整。忙しい医師にとって、これは非常に嬉しいサポートとなるはず。
面接日時の調整を自分一人で行うと、医療施設側の都合に合わせ自分のスケジュールを無理に変更せざるを得ないこともしばしばありますが、転職コンサルタントに相談すれば、その日程の調整を行ってくれるため、当直明けで面接、などという不利な状況を回避できます。
ベストなコンディションで面接に臨むことができ、成功率のアップにも繋がるでしょう。

面接に臨む際の身だしなみ、受け答え、こうしたことに関するアドバイスも受けることができますし、場合によっては面接に同行してくれるので、安心感を持って応募先の医療施設と向き合うことができます。

医師の転職に精通したエージェントにはこのように、転職成功率をアップさせてくれるプロのコンサルタントがいますから、遠慮なく相談してみましょう。
それが何よりの面接対策となるはずです。